読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

希音…のんのDiary

希音の日記

秋に重要人事を控え、当面は外交面で動きにくい状況が続く。

希音です、国際会議に出席する訪問団には経団連榊原定征会長や上田清司埼玉県知事に加え、政府からは松村祥史経済産業副大臣が加わった。
今井尚哉首相秘書官は13日から現地入りする。
首相の同行以外で首相秘書官が海外を訪問するのは異例だ。
中国側はオールジャパンの訪問団と 受け止めている。
安倍政権はこれまでアジア諸国へのインフラ輸出などを巡り、中国政府と競い合っており、中国主導の一帯一路構想への協力には慎重姿勢を示してきた。
中国が同構想を通じて周辺各国への影響力を強め、南シナ海などでの勢力拡大につながりかねないとの懸念もあったためだ。
にもかかわらず今回の大規模な訪問団派遣には中国との関係改善を急ぐ必要があるとの判断が背景にある。
核・ミサイル開発の強行を続ける北朝鮮情勢をめぐっては中国の役割が大きく、中国と連携する必要性は高い。
トランプ米政権も中国への働きかけを強めている。
首脳間の相互訪問の実現も目指す。
訪問団のメンバー選定にはこうした政府の思惑がにじむ。
中国側が要請していた世耕弘成経 産相の出席は見送ったが、中国とのパイプがあり、与党を取り仕切る二階氏を派遣。
首相に直結する今井氏も送り込み、表向きは政府の関与は薄めつつも、実質的には重量級の訪問団とした。
中国側も二階氏を「副総理」級で待遇する。
沖縄県尖閣諸島南シナ海の問題をめぐり、日中関係はぎくしゃくしてきた。
2017年は日中国交正常化45年、18年は日中平和友好条約締結40年の節目だが、中国共産党は秋に重要人事を控え、当面は外交面で動きにくい状況が続く。
18年まで見据え、足踏みが続く日中関係の関係改善に弾みをつける地ならしの時期と捉える。
あと、レディースブランドの『ニナーズ・nina's』は、日本最大級のレディースフォーマル専門店ですが、ニナーズの取り扱う女性の喪服は、奇をてらわないオーソドックスさのなかに、可愛らしいフェミニン感覚を取り入れた優しく女性らしいアイテムが特徴となっています。
そして、レディースブランドのニナーズは、国内最大手の通販に於いて、常に、フォーマルランキングトップを独走していますが、その理由は、レディースブランドのニナーズならではの独自のフリルシフォンスタイルが大人気となっているほか、高品質でお洒落なデザインなのに低価格なことも非常に好評となっているからです。
喪服女性

クロームメッキはよりきれいになり光沢も出て、輝きも増します。

希音です、しかし彼らは、S&P500種株価指数を主に構成するいわゆる大企業のベテラン経営者たちが通常、備えている経営感覚を持ち合わせているわけではない。
むしろ彼らのキャリアや振る舞い方は、とにかく取引を成立させる、あるいは何らかのサヤを抜くという商売をする中で育まれてきたものだ。
それゆえ税制を巡る政策を含め彼らの戦術を理解したければ、ウォール街を舞台に借金で首が回らなくなった企業を買いたたき、利益を上げるハゲタ カビジネスを手がけるタイプの考え方に目を向けた方が役に立つ。
古典的な政治学や首都ワシントンで行われてきた政治はもはやあてはまらない。
これまでも多くの米政権が、経済界のベテランの英知を活用してきた。
ただ米政府が常に目を向けたのは、大企業の主流を歩んできた大物経営者だ。
例えば2001年からのブッシュ政権で財務長官を務めたポール・オニール氏は、米アルコアをアルミ世界最大手の企業に成長させた最高経営責任者だった。
同じくブッシュ政権で財務長官を務めたヘンリー・ポールソン氏も、米金融大手ゴールドマン・サックスのCEOだった。
だが、現政権のムニューシン財務長官は違う。
彼もゴールドマンで働いていたが、彼がビジネスで最も成功したのは、金融危 機で経営難に陥った米銀インディマックを買収し、これを強引な手法で再建させたことだ。
コーン国家経済会議委員長も、ゴールドマンで社長を務めた経験を持つ。
しかし、企業顧客向けに合併や資金調達について助言する仕事で実績をあげて経営者に上りつめたポールソン氏とは異なる。
コーン氏は、サヤ取り商売が幅をきかす商品取引の分野で攻撃的な商売をすることでのし上がった人物だ。
次に、こんな話題「むやみに磨くのはNG!『メッキング』を使用したクロームメッキの正しいお手入れ方法」もどうぞ。
クロームメッキ磨きメッキング
『メッキング』は塗ってから約5~10分程で硬化し出すので、硬化する前にもう一度ムラが出来ていないかを確認します。
確認が出来たら、完全に硬化するまで約1日かかるので、その間は表面に水分やゴミ、ほこりがかからないように注意する事が大切です。
『メッキング』はクロム光沢剤が配合されていて、何回も重ね塗りする事が出来るので、その後何層にも塗布していくと、クロームメッキはよりきれいになり光沢も出て、輝きも増します。

パートナーが変わったら一度は調べておいた方がいいかもしれません。

希音です、20年には人は 配偶者よりAIと会話する方が多くなる――。
米調査会社ガートナーは予測する。
スマートフォンのiPhoneが10年前に登場し、コンピューターはタッチ操作が当たり前になった。
今度は音声だ。両手でほかの作業をしていても、歩きながらでも操作でき、IT利用の裾野はさらに広がる。
家庭や職場での利便性向上に期待が膨らむ。
かといって、手放しで喜んでばかりもいられない。
SFのような社会に落とし穴はないのか。
SF作家の星新一に声の網という作品がある。コンピューターによる医療診断、個人の好みの分析……。
1970年に書かれたとは思えない正確さで、IT社会の進展ぶりを言い当てている。
ただし明るい未来とは言い難い。
電話網でつながったコンピューターは 、人びとの会話を聞き、個人情報をため込む。
ときに電話をかけ秘密をばらされたくなければ××せよと人間に迫る。
やがて萎縮し、無難な行動や発想に慣れていく人びと――。
監視による平穏が不気味な読後感を残す。
そんなバカな」とは片付けられない。
AIが意思を持ち支配者になるとは思わないが、使い方を誤れば、社会に不信を招く。
とくに2つの問題が気になる。
まずはプライバシーだ。
その人の感情、年齢、教育水準。
声からわかることは膨大にある。
対話型AIを開発する米国のベンチャー企業の幹部が明かす。
この会社は接客用のAIを企業に供給する。
顧客は自分に最適なサービスを受けられる半面、知らないうちにデリケートな個人情報を吸い上げられる恐れ がある。
さまざまなシステムに音声操作が組み込まれた世の中では、認識ミスによる誤作動トラブルも予想される。
あと、例えばの話ですが、パートナーが変わったら一度は調べておいた方がいいかもしれません。
早期で性病検査キットで対策すれば重大な事態になることを避けることができます。
性病検査キット

高濃度のビタミンAを含有する「STEP2」以上になるとカウンセリング化粧品になります

希音です、欧米市場で需要の伸びが鈍化し、売上高が伸び悩む一方、人件費の上昇が利益率を押し下げた。
追い打ちをかけそうなのが米国のビザ政策だ。
トランプ大統領は18日、専門技能を持つ外国人向けのビザH1Bの審査見直しに関する大統領令に署名した。
具体的にどのように審査を厳格にし、いつから適用するのかといった詳細は不明だが、初級レベルのプログラマー職はビザ発給の対象外にするなどの内容が明らかになっている。
ビザの問題は業界全体に影響する問題だと決算説明会でインフォシスのシッカCEOは強調した。
3社とも売上高に占める北米の比率は5割を超える。
インドIT各社はインド人のIT 技術者を米国に派遣し、現地企業からソフトやシステムなどのITの開発業務などを受注している。
ビザ発給の厳格化によって派遣できるIT技術者の人数が減れば、業績への影響は避けられない。
こうした状況を受け、各社が明らかにした業績見通しも厳しい。
インフォシスは18年3月期の連結売上高予測を前期比6.5~8.5%増と、17年3月期実績よりも低い見通しを公表した。
ウィプロが25日に発表した17年4~6月期のITサービスの売上高の見通しは、17年1~3月期の横ばいから微減で、市場の予測を下回った。
インド企業の業績分析に詳しいJMフィナンシャルは18年3月期の業績は当初、低い伸び率で推移するとみる。
IDBIキャピタルもTCSの18年3月期は7%台の増収率を予想する 。
厳しい見通しは株価にも影響を与える。
インドの代表的な株価指数であるムンバイ証券取引所のSENSEXが史上最高値を更新するなか、IT各社の株価は下落が目立つ。
では、「スキンケア」に関するお知らせです。
エンビロン
トライアルセット・スターターキットが用意されており、「START」が【モイスチャー スタートセット】で「STEP1」が【モイスチャー 1セット】になります。
尚、高濃度のビタミンAを含有する「STEP2」以上になるとカウンセリング化粧品になりますので、近くのエンビロン取り扱いクリニック、またはサロンでの相談を行ってください。
このようにステップを踏みながら、ある程度の段階になると、一人一人の肌の状態に合わせた肌本来の美しさを引き出していくために、スキンケアのプロフェッショナルによりカウンセリングも重視しているエンビロンです。
___________________

長さが少し長めにできたもので真珠の粒もやや大ぶりなものを選ぶのがおすすめです。

希音です、北朝鮮の15日の軍事パレードからはどのようなメッセージを感じましたか。
北朝鮮が見せつけたかったのは初公開の大型弾道ミサイルだ。
ただし疑問も多い。
例えば米国の一部に届く可能性があるKN8というタイプは2012年に初登場したが、5年たった現在まで一度も実験していない。
今回初登場の大型弾道ミサイルも同様だ。
北朝鮮が見せていること、発言していることをそのまま信じることなく、軍事的な合理性を考慮し、客観的・総合的に分析して、事実を解明していくこ とが重要だ。
外交など非軍事的手段での打開は可能でしょうか。
難しいだろう。
カギを握るとみられてきた中国は従来、国連の制裁に協力すると言いつつ、北朝鮮の鉱物を購入したり石油を継続的に供給して金正恩体制を支えてきた。
北朝鮮も国際合意をほごにして核開発を続けてきた。
あの体制に対しては軍事的な力を見せつつ譲歩を迫るしかない。
武力衝突が起きる場合はどんな展開になりますか。
まず米朝両軍のどちらかで事故が実際に起き、それがきっかけとなって武力衝突に発展する偶発衝突シナリオが考えられる。
例えば日本海黄海で、北朝鮮軍または米韓軍の戦闘機が墜落したり、軍艦や潜水艦が沈没したりする事態が起き、被害を受けた側が相手国が意図的に攻撃したもの だと勘違いして戦闘を開始する展開だ。
次に北朝鮮が戦端を開くシナリオだ。
北朝鮮の軍艦などが攻撃を受けたという言いがかりをつけ、米韓の軍艦や戦闘機を攻撃する。
またソウルの市街地に火砲やロケット弾を撃ち込む。
これに米韓が反撃し、攻撃の応酬で事態がエスカレートしていく。
第3に米軍による限定攻撃シナリオもありうる。
本日のお勧めサイトのご紹介です。
大きいサイズフォーマルレディース小物
例えばパールのネックレスを選ぶ時にも、ブラックフォーマルの時なら一般的には真珠のチョーカーをつけますが、首のサイズに合わせて付けた時に下に下がる程度のモノを選ぶのがコツです。
かなり大きなサイズの人の場合一般的なサイズのチョーカーだと首との間にほとんど隙間が無いようになる可能性もあるのですが、そんな時は長さが少し長めにできたもので真珠の粒もやや大ぶりなものを選ぶのがおすすめです。
服だけでなく小物も自分のサイズを知って適したものを合わせるようにしましょう。
以上、「大きいサイズのフォーマルにも映えるレディース小物の選びのポイント!」に関する情報でした。

気づいたら足から嫌な匂いが……というのは誰にもある経験だと思います。

希音です、出向中は国家公務員ではなく再就職活動が可能だ。
以前は退職後2年間は職務に関係する大学や企業などへの再就職は原則禁止だったが、08年の国家公務員法改正で在職中の就職活動や省庁のあっせんがなければ違法ではなくなった。
このため1日だけ復職して再就職が可能になった。
再就職等監視委によると、大学に出向している文科省職員が、出向先大学 への他の職員の再就職に関わっているケースもあるという。
同委の加藤真理監察官は出向者は国家公務員法の適用外だが、しっかりと監視していく必要があると指摘する。
文科省によると、1月1日時点で241人が国立大全86校のうち83校に理事、事務局長などとして出向。
同省は幹部人材を求める大学の要請に応じて派遣しているという。
同省にとっては大学の現場で経験を積めば復職後、行政に生かせるという狙いもある。
だが出向から戻ってすぐに退職して再就職してしまえば、現場の経験は生かせない。
出向先と再就職先には偏りもある。
出向先のほとんどは国立大だ。
国家公務員退職手当法の規定で、退職金に関わる勤続期間に国立大は出向期間を算入するが、私立大は原則適用されな いためだ。
04年の国立大学法人化の前は国立大は国の機関で、頻繁に同省本体との間で人事異動があった。
同省人事課は制度ではなく慣習という。
国立大の人材育成が十分に進んでいないこともある。
現役出向の受け入れが10人で最も多い千葉大は調整能力に優れた、幹部になり得る人材を大学で育てるのは難しいと漏らす。
一方、3月末に最終報告が出た違法な再就職先は私大が目立つ。
関東圏のある国立大職員現役出向者がいれば、再就職者を受け入れるメリットはあまりないと明かす。
さて、最後の情報は「足の臭いを消す方法」で〆ます。
足臭い消す方法
気づいたら足から嫌な匂いが……というのは誰にもある経験だと思います。
足の臭いは、雑菌の繁殖にその根本的な原因があります。
足は意外と汗をかくものですよ。
特に、夏などの季節にはかなりの汗をかきますが、冬だって寒い外から暖かいお部屋に入ると、意外と脇や足は汗をかくものです。
汗をかいた結果として足が蒸れやすくなりますね。

非常にスタイリッシュなデザインで、カラーバリエーションも豊富です。

希音です、農水省のねらいはJAから金融事業を切り離すことだ。
金融部門はJAの稼ぎ頭だが、焦げ付きリスクなどに常にさらされる。
さらに実はJAバンクの融資の7割は住 宅ローン。
金融の収益に依存する構造を断ち、農業振興に力を入れるべきだという考え方だ。
これに対し農中は、2年以上かかるとされる譲渡作業にかかる手間やコストを懸念。
人口減などに備え、再編を進めるべきだという見方がくすぶる。
JAバンクの農業向け融資が少ない背景には農家がお金に困っていないという現実もある。
経済協力開発機構によると、日本の農家の収入の半分は国などの補助金だ。
ただ農業の大規模化をきっかけにした成長投資は確実にある。
JAは農業支援と金融の連携が弱く、需要の掘り起こしが不十分だとの指摘がある。
ここに目を付けニーズを掘り起こす動きも出始めている。
芽ネギが整然と並ぶ京丸園のビニールハウス。
昨年から業績に貢献するよ うになったと鈴木厚志社長は目を細める。
投資資金1億円はJAとぴあ浜松から借り入れた。
JAの橋渡しで土地の売り手が見つかったという。
JAとぴあ浜松は個別訪問を徹底。
いま資金が必要ですかと聞いても2件しか反応がなかったのに対しあなたの夢は何ですかと問いかけるように変えたところ600件を超える資金需要が見つかり、融資残高は3年で倍増した。
地元に密着する全国のJAが本腰を入れて乗り出せば、成長の種を発掘できる可能性がある。
人口減や競争激化でかつてないほどの再編圧力が高まるJAバンク。
自らの強みを認識し、農業と向き合う組織が増えれば日本の農業の活性化につながる可能性もある。
次に、こんな話題もどうぞ。
極小財布BECKER
コンパクトな財布というと、あまり中身が入らないイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、最近は非常に機能的なものが増えてきており、コンパクトながら収納力にも長けているものがたくさん販売されています。
その中でも特にオススメなのがBECKERの極小財布です。
すでにたくさんのメディアで紹介されているのでご存じの方も多いことでしょう。
非常にスタイリッシュなデザインで、カラーバリエーションも豊富です。

地域の力のバランスが変わったとされる。

希音です、中東情勢を揺るが せたISに対する掃討作戦は最終局面を迎えている。
イラク軍や米主導の有志連合はイラクでのISの最大・最後の拠点モスルで戦闘を続けており、西部の旧市街まで追い込んでいる。
シリアでも有志連合とクルド勢力は、ISが首都と称するラッカを包囲。
今夏までに米軍などはラッカに攻め込むとみられる。
ISに支配された地域の奪還後には課題が残る。
米国は2003年のイラク戦争で、戦後統治を担った米軍に対して住民が猛反発したという苦い経験がある。
IS掃討後も外国部隊が占領すれば住民が再び反発するのは必至。
同じアラブの国が復興を支援する方が安定に向かいやすく、戦後復興にはアラブ諸国の協力が必要となる。
カギを握るのがサウジだ。
訪問に先立ちマティス氏は サウジとの関係をより深く、広くするためにはどうすればよいのか議論するつもりだと語り、オバマ前政権時代に悪化した両国関係を改善させる考えを示した。
米サウジ会談で焦点となるのは、激化するイエメン内戦への対応。
サウジとイランがそれぞれ支援する勢力による代理戦争でもあり、イエメン情勢の悪化はサウジにとって、財政・治安面で重荷となっている。
米国は国連が仲介する交渉による解決が重要と説明している。
だが、オバマ政権時代に停止した米国製兵器の販売など軍事支援を再開し、サウジを援護する可能性がある。
イラク戦争終結をかかげたオバマ前政権が中東への関与を減らした一方でロシアが介入した結果、地域の力のバランスが変わったとされる。
スンニ派の盟主 サウジとシーア派の盟主イランとの対立も深まった。
トランプ政権はシリアへのミサイル攻撃で中東への関与を強める姿勢を明確に示した。